川島会計事務所SiteMap
人間中心のTAXを見つめています
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース2024年タックスニュースTue,March 05,2024


《コラム》年金は何歳からもらえば有利なの?受給年齢の繰り上げ繰り下げ

戻 る(2024年の記事一覧へ)
年金の繰り上げ受給と繰り下げ受給

 老齢年金の受給開始は原則65歳からです。

60歳から早めにもらうこともできます。

65歳より年金受給を早める(繰り上げ受給)と、65歳受給より減額された額(1か月ごとに0.4%減額)で支給され一生その率は変わりません。

 逆に65歳になっても元気で働けて収入もあるならば65歳より遅く(繰り下げ受給)申請できます。

その場合は65歳受給より増額 (1か月毎に0.7%増額)されます。

 2022年4月からは繰り下げ年齢が70歳から75歳に引き上げられました(昭和27年4月2日以降生まれの方で未請求の方対象)。

75歳で受給すると受け取る年金は最大84%増額になります。

銀行定期預金の利息が年0.002%の時代に昨今これを上回る運用手段はないでしょう。


いつから年金をもらい始めるとお得なの?

 70歳までの繰り下げ制度は今までもありましたが、繰り下げをした人は国民年金では1.5%、厚生年金では0.9%しかいません。

70歳までの就業が普通になれば増えるかもしれません。

しかし繰り下げをためらわせる要因の最大の理由は自分の寿命です。

自分の寿命がいつ来るかわからないので、もらい始めて数年で亡くなり、65歳から受給していた場合の額より低くなってしまうケースも考えられます。

寿命は誰にもわかりませんので悩むことになります。


受給開始年齢の損益分岐点の計算結果

 繰り上げで受け取った方は77歳で65歳から受け取った方に追い抜かれます。

70歳に繰り下げた場合は81歳で65歳開始を抜き、75歳開始は86歳で65歳開始を抜きます。

繰り下げはおよそ11年超が分岐点になります。

 2022年時点で男性の平均寿命は81.05歳、女性は87.09歳。

これは平均値なので男性の死亡者数のピークは89歳、女性は92歳と結構遅いのですが、

受給を遅らせすぎても短期間で死亡し、もらい損になるかもしれません。

あるデータでは平均的な寿命の男性85歳、女性90歳を前提にすると70歳くらいで受給開始するのが最大値になるという計算結果も出ています。

 自分の健康状態、いつまで働けるのか、預金等の資産はいくらか、年金を請求する前にライフプランについて考えてみましょう。


記事提供:ゆりかご倶楽部


追記
  公平感がありませんので、税金方式に切り替えるべきです。
普通に暮らせるように、国民年金の受給者も受給額を増やす方法、努力が必要です。
あくまでも、公平が大事、全員の幸福が大事、貯蓄をしなくても、安心して生活ができる基盤作りが
必要です。
支給を遅らせるようなその場しのぎの年金政策など破綻が目に見えています。

税理士 川島博巳


記事提供:ゆりかご倶楽部


[Studying English]


マルチーズのみずき


参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)NATIONAL TAX AGENCY





■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁

国税不服審判所/公表裁決事例
国税庁/税務訴訟資料
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています