川島会計事務所SiteMap
人間中心のTAXを見つめています
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース2024年タックスニュースThu,April 25,2024


企業の借入金利 15年ぶりに上昇

戻 る(2024年の記事一覧へ)
 企業が金融機関から融資を受ける際の金利の平均値が、15年ぶりに上昇しました。

いまだ低金利環境ではあるものの、日銀がとうとうマイナス金利政策の解除を決定したこともあり、「金利ある世界」で今後はさらに上昇していくことが予想されています。

 帝国データバンクの調べによると、2022年度の企業の平均借入金利は0.98%で、前年度から0.01ポイントの上昇に転じました。

これまでは07年度の2.33%をピークに21年度まで14年連続で低下していました。

 近年では20年度に新型コロナ関連融資がスタートしたことで、実質無利子・無担保での融資が急拡大し、0.26ポイントの大きな下げ幅を記録しました。

新型コロナ前の19年度と比較すると全ての都道府県で平均借入金利は低下しましたが、ここにきてポストコロナの上昇局面に入りつつあるようです。

 22年度の平均借入金利はいまだ1%に満たない低水準ではあります。

ただ3月19日には日銀がマイナス金利解除を決定していて、「すでに足元の貸出金利は上がっている」とする金融機関もあります。

さらに新型コロナ関連融資の返済が進めば結果的に金利の上昇圧力にもなることから、「平均借入金利は今後さらに上昇する可能性が高い」と帝国データバンクは見ています。


<情報提供:エヌピー通信社>


記事提供:ゆりかご倶楽部


[Studying English]


マルチーズのみずき


参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)NATIONAL TAX AGENCY





■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁

国税不服審判所/公表裁決事例
国税庁/税務訴訟資料
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています