川島会計事務所SiteMap
人間中心のTAXを見つめています
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース2024年タックスニュースThu,May 09,2024


定額減税で自治体から不安の声

戻 る(2024年の記事一覧へ)
 2024年度税制改正法が成立し、所得税と住民税から1人当たり計4万円を減額する定額減税の6月開始が決まりました。

こうしたなか、減税と給付の実務を担う企業や自治体は、税務や給与計算システムの改修といった準備に追われ、事務作業の複雑さに困惑しています。

中でも自治体の担当者が頭を悩ませているのが「調整給付」の仕組みです。

 定額減税は、所得税と住民税所得割を課税されている納税者とその扶養家族が対象となります。

ただ、一部の低所得層は納税額よりも減税額が少なく、減税額が余ってしまいます。

この残額を現金給付するのが調整給付で、実施主体の各自治体は給付額を計算しなければなりません。

 しかし、24年分の所得税から引き切れなかった減税額が分かるのは、25年の2〜3月の確定申告が終わってからの住民税が確定する5〜6月以降となり、野党から「足元の物価高対策としては遅すぎる」と批判されました。

 この問題の解決策として政府が示したのが、デジタル庁による「推計所得税額等算定ツール」(仮称)の開発。

自治体が持つ住民税などの情報をアップロードすれば、自動的に今年の所得税額が推計されます。

自治体は結果を元に給付の準備を進め、今夏にも調整給付を始められるそうです。

 しかしツールの完成は5月末。

一部自治体の担当者からは「実際に使えるかは完成したツールを見てみないと分からない」と不安視する声も上がっているのが現状です。


<情報提供:エヌピー通信社>


記事提供:ゆりかご倶楽部


[Studying English]


マルチーズのみずき


参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)NATIONAL TAX AGENCY





■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁

国税不服審判所/公表裁決事例
国税庁/税務訴訟資料
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています