川島会計事務所SiteMap
人間中心のTAXを見つめています
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース2024年タックスニュースMon.May 27,2024


【時事解説】競争力のある企業が進めるDEI経営とは

戻 る(2024年の記事一覧へ)
 近年、ESG経営やマルチステークホルダー経営など、時代の流れに沿った「○○経営」を目にする機会が増えました。

背景には、企業は自社の利益を追求するだけでなく、社会の公器として、どのように活動するかが問われる時代となったことがあります。

 こうした流れの中で、ここ数年、注目されているのがDEI経営です。

DEIは、ダイバーシティ(D:多様性)、エクイティ(E:公正)、インクルージョン(I:包摂・ほうせつ)の頭文字をとったものです。

ダイバーシティ(多様性)とエクイティ(公正)は馴染みがありますが、インクルージョン(包摂)については一般的な言葉ではありません。

 包摂は哲学などで用いられる言葉で、辞書には、「いろいろな人が個性・特徴を認めあい、いっしょに活動すること」とあります。

ダイバーシティは、人種・性別・宗教・価値観などさまざまに異なる属性を持つ人々が、組織の中で共存することを意味します。

包摂はさらに一歩進んで、こうした人々がお互いの個性や特徴を認め合い、受け入れ、共に行動することを意味します。

 DEI経営では、まず、企業のトップが方向性を示すことが必要です。

実現には、社内設備や制度を整え実践することが求められます。

具体策には、障がい者に向けたバリアフリー化、多言語対応、同性パートナーシップ制度、さらには不妊治療の補助などが挙げられます。

 世界では、DEIに関する市場は2022年の94億ドルから2030年までには244億ドルへと拡大するという予想もあります。

DEI経営はイノベーション創出や人材獲得、定着に有効だといわれているため、投資に対するリターンが見込めると考える企業も多くあります。

こうした流れに乗り成長の源にしようとする動きもあり、実際、業績を伸ばす企業が増えているといわれています。

 競争力のある企業は、ダイバーシティ(D:多様性)だけでなく、エクイティ(E:公正)とインクルージョン(I:包摂)を重視する傾向にあるといわれています。

それぞれの頭文字をとりDEI経営と呼ばれ、注目を集めています。

背景には、DEI経営はイノベーション創出や人材獲得、定着に有効であることが挙げられます。

 世界有数のソフトウェア開発会社では、10年ほど前から、多様性と包摂を優先事項としてさまざまな取り組みを展開してきました。

取り組みを開始した当時、この会社は業績が上がらず苦しい時を過ごしていました。

その中、ビジネスモデルや事業の構造改革だけでなく、カルチャーを変えることが必要と判断し、DEI経営に取り組みました。

 具体的な施策は、障害のある社員が働きながらITスキルを高められるプログラムを発足。

ほかには、宗教の異なるさまざまな人材への配慮として、食堂のメニューを豊富にしたことが一つ。さらには、同性のパートナーの結婚については、法的には結婚していなくとも、家族として認め、結婚祝い金や休暇を提供するといった取り組みを実施しました。

 多様な人材をひきつける改革は事業にも好影響を与えます。

当時停滞気味だったプロジェクトの中には、カルチャーが変わることで、多様な人材が連携して動き出し、次々と革新が起こったといいます。

さまざまな改革が功を奏し、この会社は停滞期を乗り越え、再び成長軌道をたどり、存在感を取り戻しました。

 多様性や包摂を表面的ではなく、真剣に取り組むことで、改革の停滞した雰囲気を打破できるといわれています。

日本でも、化粧品会社やヘルスケア系メーカー、アパレル、地銀など、大手を中心に少しずつ取り組みが増えています。

今後の広まりに期待したいところです。


(記事提供者:(株)日本ビジネスプラン)


記事提供:ゆりかご倶楽部


[Studying English]


マルチーズのみずき


参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)NATIONAL TAX AGENCY


5月27日朝時点での新着情報は、以下の通りです。
国税庁ホームページ掲載日:2024年5月24日


≪税の情報・手続・用紙≫
●放射性物質に対する酒類の安全性確保のための施策について

≪刊行物等≫
●「住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税」等のあらまし(令和6年5月)を掲載しました(PDF/1,500KB)


■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁

国税不服審判所/公表裁決事例
国税庁/税務訴訟資料
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています