川島会計事務所SiteMap
人間中心のTAXを見つめています
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース2024年タックスニュースMon,June 10,2024


【時事解説】経営者保証を不要とするために

戻 る(2024年の記事一覧へ)
 経営者保証とは主として中小企業において、経営者個人(多くの場合は社長)が自ら経営する会社の借入金の返済を保証するものです。

経営者保証の存在は、万一の場合、経営者の個人資産までなくなってしまうのですから、個人生活を脅かします。

それは同時に、企業家のリスク挑戦意欲の減退を招き、経済活性化の妨げにもなります。

今回は経営者保証の今後の方向性について考えてみます。

まず、保証を取る銀行側の事情から見てみましょう。

 体制が確立されている大企業は別として、組織が未熟な中小企業への融資に際し、銀行融資の審査ポイントとして重視すべきは、

人(経営者)なのか事業なのか、ということは古くから大きなテーマでした。

人の重要性を強調する論者は、経営者の信用は事業成功の大きな要因であること、

そして、もし万一事業に失敗しても、信用できる経営者であれば、借入金の返済についても誠実な対応が期待できる、といったことを主張します。

一方、事業の方が重要だという人は、融資の返済は直接的には融資対象である事業から行うのだから、経営者の人格など関係なく、事業の状況や将来性だけに焦点を絞るべきだとします。

 日本の銀行では昔から、「人を見て融資をしろ」というようなことがよく言われました。

最終的には人(経営者)の信頼性が重要だということになれば、事業の現況や収益予想を気にかけるより、

経営者の健康状態、精神状態、あるいは家族の状況などが重要になります。

その延長線上に、「最終的には私財を投じても返済してもらう」という経営者保証が存在し、広く普及したと考えられます。

 経営者保証の有無により銀行における融資金の回収業務は次のように変わります。

経営者保証がある場合は、事業を行う会社が破綻しても、回収業務は終わりではなく、次に経営者個人からの回収に向かいます。

銀行にとっては会社以外の補完的な回収手段があるわけですから、好ましいように思えるかもしれません。

しかし、格別の悪意のない普通の経営者であれば、経営する会社が破綻するほどに追い込まれれば、

個人財産がそれほど多額にあるわけではなく、経営者個人からの回収は労力も時間もかかる割に、実りはそれほど期待できません。

また、最終的には個人生活まで踏み込むこともありますから、銀行員として気が進む仕事でもありません。

 一方、経営者保証がなければ、会社が破綻し、残余財産で回収できなければ、その時点で貸倒損失を計上すると同時に融資金額を帳簿から落とし、

その案件はそれで終了となります。

その結果、銀行員は心機一転新しい仕事に向かうことができます。

 経営者保証を付けて、わずかの可能性がある限り、トコトン回収努力を続けるというのは、一見、銀行の本来の姿のように見えます。

しかし、現代のように変化の激しい時代には、限りある人的資源を後ろ向きの仕事にいつまでも貼り付けることが、いいことなのかは疑問です。

そうした仕事には早々に見切りを付けて、新規の融資開拓に向かう方がはるかに生産的だと思われます。

 経営者保証は経済成長期の資金需要が旺盛であった、貸し手優位の時の前時代の遺物のようなものです。

今はカネ余りで、借り手優位に変わっています。

銀行はいつまでも昔の流儀にこだわり、担保や保証は多いほどいいという発想は捨て去るべきでしょう。

融資金の返済財源は事業が生み出すキャッシュフローだけだと割り切った方が時流に即していると思います。


(記事提供者:(株)日本ビジネスプラン)


記事提供:ゆりかご倶楽部


[Studying English]


マルチーズのみずき


参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)NATIONAL TAX AGENCY


6月10日朝時点での新着情報は、以下の通りです。
国税庁ホームページ掲載日:2024年6月7日


≪税の情報・手続・用紙≫
●「共通報告基準(CRS)に基づく自動的情報交換に関する情報(CRSコーナー)」リーフレット(非居住者に係る金融口座情報の自動的交換のための報告制度の各手続等における特に注意していただきたいポイント)の更新(PDF/210KB)


■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁

国税不服審判所/公表裁決事例
国税庁/税務訴訟資料
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています