インターネット会計事務所〜川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
HOMECONTENTSエトセトラ>パソコンのちょっと便利>英文字の大文字や小文字 / 数字の半角の打ち方


英文字の大文字や小文字 / 数字の半角の打ち方

大文字のひらがなモードにて、

ローマ字入力にて、ENGLISH と打つと 「えんgぃsh」 と表示される。

そのままF10を押すと、english と表示され、さらに F10を押すと ENGLISH と表示される。

さらに F10を押すと English と最初だけ大文字になる。

さらにF10を押すと english と表示されます。

この方法ですと、ひらがなモードのローマ字入力で、日本語と英語の混ざった文章の作成ができます。

いちいちモードを変える必要もないし、シフトを押しながら、英文字の大文字にすることもありません。


また、このモードで INGURYUSSYU と打つと 「いんぐりゅっしゅ」と表示され、

F7を押すと、イングリュッシュ と カタカナの大文字、 F8を押すとカタカナの小文字になります。

数字も同様にこの普通のひらがなモードのローマ字入力から、数字を打ち、F7、F8にて大文字、小文字に区別できます。


※始めは違和感がありますが、慣れると半角モードを押さなくてもできるのは便利です、シフトを押しながらの英語の大文字にしなくていいのも便利です
英語と日本語をまぜて早く打てます。

それにしても日本語向きにパソコンもキーモードも作られていませんね。
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています