川島会計事務所SiteMap
人間中心のTAXを見つめています
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSエトセトラ>パソコンのちょっと便利 >遠隔操作の設定方法


遠隔操作の設定方法
遠隔操作の設定方法

 遠隔操作される側 Windows8.1 / 遠隔操作する側 Windows 7professinal

※遠隔操作される側 ※
(Windows8,RTにはWindowsリモートアシスタントが見あたらないので)

@コンピュータ 又はエクスプローラー にて(Winマーク + Eを押す) ⇒ プロパティ ⇒ リモートの設定

⇒ リモートアシスタント このコンピュータへのリモート アシスタント接続を許可する(R)にチェックをいれる。
⇒ OK

詳細設定(V)
招待有効時間 6〜99時間 (通常6時間でよし)
Windows Vista以降を実行している

※リモートアシスタントの有効時の動作についての詳細を表示します をクリックすると
FAQが表示される

Aスタート ⇒ ファイル名を指定して実行 名前 Msra.exe にてWindow リモートアシシタンス が表示され、信頼するヘルパーを招待します をクリック

⇒この招待をファイルに保存する ⇒デスクトップ 名前 招待 とする ⇒保存
パスワード 12桁が表示される リモートアシスタントを閉じない。
メモしてヘルパーに連絡する

※招待ファイルをWEBメールで添付して送信する

Bヘルパー側でパスワード入力 OK とすると リモートアシスタントが開き
あなたのコンピュータに接続すること許可しますか ⇒ YES

ヘルパーが制限の要求をクリックしたら
あなたのデスクトップの制御を共有することを許可しますか? はい にて
繋がります。

※遠隔操作する側※
招待ファイルをデスクトップへ ⇒ ダブルクリック ⇒ パスワードの入力 ⇒ OK
遠隔される側が 許可YESしたら 左上の制限の要求(R)をクリックする

※終了するには、どちらも 共有の停止をクリック
遠隔される側は
@の このコンピュータへのリモート アシスタント接続を許可する のチェックをはずしておく。


2018.04.06

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆Windows 10 の場合

□支援を提供する側(ヘルパー)
スタート ⇒ Windowsアクセサリーアクセサリー ⇒クイックアシスト ⇒ 支援を提供する側(リモート接続を通じて他のユーザーを支援します。) 他のユーザーを支援する をクリック ⇒ サインイン 〇〇〇〇〇〇  次へ パスワードの入力 〇〇〇(保存すれば次回からいらない) セキュリティコードを共有する 6桁の数字 完全に制御する 続行 クリック

□支援を提受ける側
スタート ⇒ Windowsアクセサリーアクセサリー ⇒クイックアシスト ⇒ 支援を受ける アシスタントからのコード(6桁数字入力)支援を受ける 画面の共有 が表示 され クリック ヘルパーがこのセッションを設定するのを待機中 画面を共有する にて 許可 をクリック

これにて画面を共有される。
終了は 終了は × にて 閉じる。

ーーーーーーーーーー
「Windowsアクセサリ」「リモートデスクトップ接続」でもできる。
ただし、接続される側のPCは、Windows 10のHomeエディションだとできないようです。Windows 10 Proだとできるそうです。

こちらは、自宅から会社のPCを操作する感じですね。

Windows 10 Proを使っている方は少ないですね。
当方は、Pro使っていますが,自宅では、Homeを使っています。

ーーーーーーーーーーーー
だんだん簡単になってきてますが、まだまだ、不便ですね。


2021.11.30
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています